前回に引き続き、64系エブリィバンシリーズの自作ベッドキット制作についてです。

今回は下部ベース部分の制作です。

前回ご紹介した購入品の中から使うのは 1 X 4 材と鋼製束6個。

まず 1 X 4 材 二本を以下の通りにカットします。

(長さはおよそになりますので、必ず現車を確認の上作業に当たって下さい。)

 

 

 

 

カットした1 X 4 材それぞれの両端にボルトを通す穴を空けます。

このボルトは車両荷室部分に最初から設置されている4箇所の穴になります。

(市販のベッドキットもこの穴を利用している物が多いようです。)

ボルトのサイズは失念してしまいましたが、おそらくM8だったような・・・?

こちらも要確認でお願いします。

ボルトの穴の位置はリアシートベルトアンカーの固定付近と、荷室後部にそれぞれ2箇所。

こちらに1 X 4 材を橋渡しするようにしてボルトで固定。

 

 

1 X 4 材 (A) を前側。

 

 

 

1 X 4 材 (B) を後ろ側です。

 

 

取り付けに際しては、左右を少しずつ締めつけるように。

荷室の凸凹のせいで片一方ばかり締めると、反対側が浮いてまいます。

固定出来たらここで荷室のマットにバッテリーハッチ用の切れ込みを入れます。

エブリィバン系は荷室にバッテリーがあり、1 X 4 材 を取り付けると荷室のマットを退けにくくなってしまいます。

そのためバッテリーへのアクセスを確保する必要があります。

 

1 X 4 材 を設置したらその上に鋼製束を取り付け。

設置位置はまず真ん中に各1箇所。

その後1 X 4 材 (A) の固定用ボルトギリギリ位置に左右取り付け。

1 X 4 材 (B) は1 X 4 材 (A) で取り付けた左右の鋼製束と直線上に取り付け。

 

 

 

 

以上でベッドキット下部ベース部分は完成。

次回に続きます。